菅野一勢講義『加藤嘉明さんから学ぶ』

Pocket

菅野一勢の講義『加藤嘉明さんから学ぶ』

どうも!菅野一勢です。

加藤嘉明さんから学ぼうということで、会津の殿様ですね。

手塩皿っていうきれいな10枚組のお皿のセットがあって、それを家宝にして大切にしていたんですね。

それで、お客をもてなす時とか、大切なお客さんが来た時だけに使うっていう、もう本当に家宝していたお皿がありまして。10枚組ですよ。

ところがある日このお皿の1枚を側近の若者が不注意で割ってしまった、と。

こういった10枚ものっていうのは、10枚揃って価値があるものじゃないですか。

だからもうこの家臣は、もう昔の時代ですからね、みんなすぐ打ち首覚悟なんですよ。

これは打ち首になってもおかしくない、っていう覚悟を決めますと。

しかし、この加藤さんが言ったことがですね…これもまたシビれるんですよねぇ…

なんと加藤さん、残りの9枚を全部次から次へと割っていったんですよ。

「え!?」って思うじゃないですか。

とんでもない行動に出たわけですよね。

どうしたのこの人?頭狂っちゃったのかな?と思っちゃうんですけど。

全部割った後にその家臣に言ったんですよ

「うん、もういいよ」と。

それで「なんで殿様これ割ったんですか?」って言われて

「だってこれ見るたびに、お前が割ったっていうことでお前は常にずっと気にし続けるだろ」と。

「だったら無い方がいいじゃないか」って言って割って許したっていうんですね…

もうですね、打ち首覚悟で言った人に、前回の秀吉さんもそうですけど、「よいよい、全国俺の庭だ」って言うぐらいの器のデカさ。

あとこの人ですね、家宝にしていたお皿が1枚割れた時に残り9枚割っちゃったと。

「だってこれがあったらお前気にするだろ」と。

「だったら無い方がいいだろ」と。

この器の広さ。この人間力ですよ。

こういった人に人は付いて来るんだな、と。

是非ね、このエピソードを覚えておいてください。

今日もありがとうございました!

PAGE TOP